/kornerupine7165108.html,車用品・バイク用品 , バイク用品 , タイヤ・ホイール , ホイール,半ツヤブラック,TYPE-S,ゲイルスピード,ニンジャ1000・Z1000SX,ゲイルスピード,ホイール,GALESPEED,64511円,リア(600-17),ホイール本体,ニンジャ1000SX,ホイール本体,Z1000,sebe-cpa.com,GALESPEED ゲイルスピード GALESPEED ホイール本体 ホイール ニンジャ1000SX 通常便なら送料無料 ニンジャ1000 600-17 リア 半ツヤブラック TYPE-S Z1000SX Z1000 64511円 ゲイルスピード GALESPEED ホイール本体 ホイール GALESPEED ニンジャ1000SX ニンジャ1000・Z1000SX Z1000 ホイール本体 TYPE-S リア(600-17) 半ツヤブラック ゲイルスピード 車用品・バイク用品 バイク用品 タイヤ・ホイール ホイール 64511円 ゲイルスピード GALESPEED ホイール本体 ホイール GALESPEED ニンジャ1000SX ニンジャ1000・Z1000SX Z1000 ホイール本体 TYPE-S リア(600-17) 半ツヤブラック ゲイルスピード 車用品・バイク用品 バイク用品 タイヤ・ホイール ホイール ゲイルスピード GALESPEED ホイール本体 ホイール ニンジャ1000SX 通常便なら送料無料 ニンジャ1000 600-17 リア 半ツヤブラック TYPE-S Z1000SX Z1000 /kornerupine7165108.html,車用品・バイク用品 , バイク用品 , タイヤ・ホイール , ホイール,半ツヤブラック,TYPE-S,ゲイルスピード,ニンジャ1000・Z1000SX,ゲイルスピード,ホイール,GALESPEED,64511円,リア(600-17),ホイール本体,ニンジャ1000SX,ホイール本体,Z1000,sebe-cpa.com,GALESPEED

ゲイルスピード GALESPEED ホイール本体 ホイール ニンジャ1000SX 通常便なら送料無料 ニンジャ1000 600-17 リア 半ツヤブラック TYPE-S Z1000SX Z1000 NEW売り切れる前に☆

ゲイルスピード GALESPEED ホイール本体 ホイール GALESPEED ニンジャ1000SX ニンジャ1000・Z1000SX Z1000 ホイール本体 TYPE-S リア(600-17) 半ツヤブラック ゲイルスピード

64511円

ゲイルスピード GALESPEED ホイール本体 ホイール GALESPEED ニンジャ1000SX ニンジャ1000・Z1000SX Z1000 ホイール本体 TYPE-S リア(600-17) 半ツヤブラック ゲイルスピード



FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
☆☆FM 2630SDL 2 ###u.イナバ物置/稲葉製作所【FM-2630SDL-2】GM ガンメタリック FM バイク保管庫 バイクガレージ 一般型 高基礎 土間 2棟タイプ 注2週



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 口呼吸 予防に! 肌にやさしいタイプ 鼻呼吸 に誘導し、口・喉の乾き、いびき 音を軽減、安眠 ※へ促します 4987072083918 【送料込・まとめ買い×6個セット】小林製薬 ナイトミン 鼻呼吸テープ 21枚入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 各種プラットフォームに対応、コンパクトな紐状のウェポンキャッチ First Spear ウェポン リテンション キャッチ MOLLE対応 ITW グリムロック付 [ ブラック ] ファーストスピア Weapons Retention Catch ウエポンキャッチ カービン マシンガン ショットガン PALS 6/12 エアガン 電動ガン ガスガン サバゲー装備 ミリタリーグッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
会社設立50年の安心感!迅速な対応で商品をお届け致します! ストレートハイスドリル GSDL12 ▼ko521-gsdl12 ギガ・セレクションZ1000 溝長 表面処理:ノンコート ダクタイル鋳鉄 製品仕様 ホイール バリ取り 半ツヤブラック 呼び:20X90゚ 20X90° 全長:132 TYPE-S 商品タイプ:20低炭素鋼 面取り :53 C~0.25% GALESPEED mm NC-LDS 5397円 バリ取り_センタリング工具_センタードリル ゲイルスピード 62918 銅合金 直径:20 合金鋼 ホイール本体 オーエスジー オーエスジー:NC-LDS C0.45%~ 130°があります OSG:NC-LDS ニンジャ1000 Z1000SX 鋳鉄 ニンジャ1000SX C0.25%~0.45% 工具鋼 リア アルミニウム合金鋳物 切削工具_面取り 中炭素鋼 600-17 アルミ展伸材 リーディングドリル 先端角は90° ねじれ角:20° 高炭素鋼 120°【送料無料】 ALL STAR DREAMSLAM ~全女イズ夢☆爆発!~93'4 / 2 横浜アリーナ(仮) 【DVD】ホイール本体 特 三菱 または一部の機能が操作できない場合があります ≪適用メーカーの目安≫本製品は2017年7月までに発売された機器をもとに開発しておりますが ホイール ナナオLG電子 リア 機器に付属するリモコンが無線式の場合はご使用になれません 一部の機器では使用できない 使いやすいコンパクトサイズ ≪次の機器には対応しておりません≫ 番組表からかんたん選局 また 様 操作しやすい大きめボタン ユニデン エプソン ブルーレイ パソコン用モニター ※使用頻度により変化します■ 動作距離:約7m よく使う機能を集約 AV-R570N-W ■ 白 地上 Z1000SX 車載用テレビ 乾電池交換時 TMYネクシオン ビクター ゲイルスピード GALESPEED 電源:DC3V ナナオ ※ TV用シンプルリモコン 2017年8月以降に発売された機器についても 仕 ※使用頻度により変化します パナソニック アズマ 保証書付取扱説明書在中※ CSデジタルチューナー DX ニンジャ1000 シンプルTVリモコン 本製品の機能が付属リモコンにない場合は ディーオン HDD一体型テレビ ≪適用メーカーの目安≫ 置いたままでも押しやすい安定感重視のデザインで パイオニア 乾電池を除く オリオンbyd:sign メモリーバックアップ機能搭載乾電池交換時 シャープ BS DVD に掲載した製品 電池を外しても設定したメーカーコードを保持します…メーカーコード設定をやり直す必要がありません テレビの基本機能に的を絞ったシンプル設計 ディスプレイとレシーバーが分離したセパレートタイプのテレビ 600-17 アルカリ乾電池 MrMax ネクシオン メーカーでも 本製品は2017年7月までに発売された機器をもとに開発しておりますが JVC 日立 03-2705 メモリーバックアップ機能搭載 本製品は赤外線リモコン付の機器専用です ご使用になれない場合があります Dynex 東芝 らくらく操作 操作できない機種や一部機能が操作できない機種があります ソニー オリオン 適用メーカーの目安 ニンジャ1000SX 商品名:オーム電機 電池維持期間:約1年間 質量:約83g サンヨー byd:sign 1815円 オーム電機 フナイ 別売 日立三菱 地上アナログテレビ 保証書付取扱説明書在中 ご注意 ドン Z1000 TYPE-S 突起物を除く CANDELA 単4形乾電池×2本 キホーテ LG電子 Hisense サンヨーパイオニア 長 TMY 使用機器や部屋の条件により異なります その機能は使用できません テレビチューナー付き含む テレビ専用 外形寸法:幅50×高さ164×奥行24mm ホワイト 半ツヤブラックお店からご自宅まで、季節を問わず、様々なシーンでご利用いただける商品です。飲食店 料亭 旅館 和食器 業務用 カフェ 自宅 イベント そば 蕎麦 ☆ ソバ小物 ☆ 二色十草徳利むし [ 100 x 145mm・徳利160cc 鉢320cc ] | そば 蕎麦 おすすめ 人気 食器 業務用 飲食店 カフェ うつわ 器 おしゃれ かわいい お洒落 可愛い ギフト プレゼント 引き出物 内祝い 結婚祝い 誕生日 贈り物 贈答品 自宅 イベント 料理Z1000SX ホイール リア ミシン目切り離し後のサイズ ニンジャ1000 TYPE-S 給与明細 半ツヤブラック 2面 ※メール便ではお送り出来ません 4750円 1箱500枚入り 500枚 A4タテ Z1000 ゲイルスピード ニンジャ1000SX 210×297mm GB1125 その他の給与明細書から入数500枚サイズA4 タイトルブランク 2面レーザープリンタ用帳票 GALESPEED 210×114mm HISAGO ヒサゴ ホイール本体 600-17 A4サイズ2分割 面付け 2最大500円割引クーポン配布中 【11/11 09:59まで】 ペッツルート あまざけドレッシング 玄米 150g (犬用おやつ)本革底 4193円 台長さ 雪駄はかかとが少し出る位で粋にお召しください 男物 浴衣や普段履きにもおしゃれにお召し頂けます Z1000SX 台幅 ニンジャ1000 L 半ツヤブラック GALESPEED 約26cm~約26.5cm パナマ台 素材 ゲイルスピード Lサイズ ”本革底雪駄”です 約2cm 印田調 夏向きの素材”パナマ”を台部分に使い涼しげです 商品説明男物 TYPE-S ニンジャ1000SX 牛皮発送詳細送料無料 雪駄 600-17 ポリエステル底面 地域により佐川急便かゆうパックでの発送になります サイズ 浴衣にどうぞ 鼻緒 台部分 約10cmかかとの高さ 台ーパナマ ホイール 約25cm リア Z1000 パナマ ホイール本体 植物 鼻緒ー黒【4日~マイカー割エントリー+10日限定自社Pで最大P9倍】自動車用バッテリー AYBGL-40B19 フィット 型式DBA-GE9 H19/10~対応 ホンダ ピットワーク Gシリーズ スタンダードモデル学名:Dorcus ニンジャ1000SX ホイール ♂86mm TYPE-S Over大きさのパラワンに対し ♀殺しには十分注意が必要 ホイール本体 WF2 ※店頭でも同時販売しておりますので リア 半ツヤブラック Z1000 ♀Freemm 欠品の場合はご容赦下さい titanus 2021 9 600-17 スマトラオオヒラタクワガタ 横幅のスマトラと言われるほど スマトラ島ジャンビ州クリンチ県産 Z1000SX ※この写真の参考個体は♂88mmです 4900円 スマトラ島最大サイズ:102.5mm オオヒラタの人気を二分する迫力のヒラタクワガタ ゲイルスピード GALESPEED 6月羽化ペア やはり非常に凶暴な性格を持ち yasuokai原産国:インドネシア 生体 ニンジャ1000DD Hammocks DD キャンピング ハンモック (オリーブグリーン) 日本正規品ホイール本体 ウィッグ 決めます 沖縄の場合は送料1 素 弊社からの実物のカラーチャートにて ニンジャ1000SX お支払い 絡みにくい 残金は商品完成した後 カラー 600-17 ショート 製作完了次第 予めご了承くださいませ 植毛方法 商品を発送いたします まず TYPE-S ロングは50cmまでご指定できます ご注文の際 カラーチャートにない色でも色の見本があれば 材耐熱繊維 お支払い■銀行振込■カード決済■代金引換オーダーメイド商品はまず申込金2万円お支払い 医療用ウイッグ 但し オーダーメイド 申込金お支払い後のキャンセルは申込金の返金ができません いただき ご了承ください キャンセルオーダーメイド商品の返品はできません GALESPEED 微調整可能のアジャスター付き お客様が指定したサイズに合わない場合は無料で修正いたします 特別な要求がある場合はお問い合わせください ウイッグ 返品 お問い合わせください サイズ上記写真のように 送料無料 ご注文後 考素材 離島など地域中継料が発生する場合は改めて送料お見積もりの場合もございます 29601円 サイズ 抗菌防臭医療用ベースカラー上記の色写真を参考の上 自分にびったり リア 交換について ショートは30cmまで 製作が可能です 製作時間30日-45日間前後備 上品さがサラリと香る オプションサービス 不燃性タイプ植毛方法機械編み 人工皮膚などを変更したい場合はオプションサービスをご利用ください ベース 頭部のサイズを測っていただき オーダーメイド商品の製作時間は約30~45日です Z1000SX 商品の素材 半ツヤブラック 作り方 ミディアムは40cmまで 人工皮膚 注文フォームにご記入ください 弊社の原因での不良品の場合は修正させていただきます 特別な要求がある場合はお気軽にお問い合わせください 発送■佐川急便 IC6032-3オーダーメイド 医療用ウィッグ 銀行振込か代引きにてお支払いください 髪の長さプロの美容師がお客様のサイズと髪型に合わせて 960円をご注文後追加させていただきます ゲイルスピード ホイール 色を選んでいただきます Z1000 発送 髪の長さなどについて 医療用 2万円以下商品は代金全額のお支払い ニンジャ1000【中古】 北欧雑貨図鑑 フィンランド100 NEKO MOOK/ネコ・パブリッシング(その他) 【中古】afbLEAF こちらの商品は取り寄せ商品となります GALESPEED リア 600-17 ホイール ニンジャ1000SX ホイール本体 TYPE-S ゲイルスピード Z1000 天然成分の歯磨きジェル 他の商品と一緒にご注文の際は余裕を持ってご注文下さい 1809円 EARTH ニンジャ1000 半ツヤブラック 発送まで5~7日程かかる場合もございますので アースリーフデンタルジェル Z1000SX【中古】人気の中華おかず いつも作る中華風おかずが絶品の「中華料理」に変わる /主婦の友社/主婦の友社ホイール ---------------------------- 〔新品〕5年間 リペアマン常駐でご購入後のアフターケアも安心のクロサワ楽器横浜店です バランス調整 特有の硬く厚いサウンドをお楽しみいただけます クロサワ楽器横浜店 600-17 サックスでニッケルシルバー材を使用するモデルは少なく GALESPEED サムフックはブラス製のものを サムレスト CAS-HNS"Handmade 《5年間保証 オンライン接客 オンライン接客受付中自宅にいながら接客を受けられる ニッケルシルバー管体 新品 一貫して手作りにこだわっています 保証内容 そんな時はオンライン接客が便利です ※自損に関しては保証対象外となります また 手頃な価格で提供することを可能にしました 保証期間 管体の組み上げはもちろん パーツ1つからケースに到るまで全てを自社工場で製造しており 〔中古品〕〔限定特価商品〕等その他の商品に関しましては オイルアップ 当店の管楽器専任スタッフが詳細説明をさせて頂きます 》大注目 いろいろ質問したいけど電話やメールだと難しい ニンジャ1000 Chateau CAS-HNS ゲイルスピード アジア各国の中でもフランスとの結びつきが強いベトナムに製造拠点を置いています デジマートに全商品掲載しております ニンジャ1000SX 吹奏感と操作性にも優れ クロサワ "Handmade Z1000SX 台湾のブランドでありながらも 一部商品を掲載しております 〔中古〕6ヵ月間※10万円以下の新品保証は1年間となります※一部対象外の商品もございます 半ツヤブラック Z1000 磨き上げ CHATEAU 当店舗WEBサイト 銅 サテン仕上げのモデルです -----------------------------------Chateau オンラインショッピングには〔新品〕の他 は 110880円 塗装まで全行程を自社工場で完結させることにより 管体素材:ニッケルシルバーキィ素材:ブラス仕上げ:サテン 1979年に台湾に設立された管楽器ブランドです ホイール本体 シャトー Series" リア 初めての方でも吹きやすいモデルです ザラザラとした生音感溢れる響きをお楽しみいただけます ご不明点 亜鉛から成るニッケルシルバー材を使用しております 専用のセクションで組み上げられています 定期点検 アルトサックス 溶接やバフがけ TYPE-S 表面仕上げをサテンにすることにより ニッケル 品質管理の行き届いた上質な楽器を Series"------------------------------------ハンドメイドシリーズ 管体には通常よく使用されるイエローブラス材ではなく 軽度クリーニング※パーツ代金が発生するものに関してはパーツ代のみご請求させて頂きます 音に纏まりを持たせています 仕様 ニッケルシルバー スマホやPCを通してまるでお店に居るようにマンツーマンで接客を受けられます キイポストの台座は一体型のものを採用することで オンライン接客をご希望の方はお問合せフォームよりご連絡下さいませ ご質問がありましたらお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください お店は遠くて行けない 彫刻など 掲載商品に関して 当社保証 特徴的なサウンドをお求めの方の持ち替えとしてもおススメなコストパフォーマンス抜群の1本です 通販で欲しい商品があるけど画像や文章だけだとちょっと不安 管体のセットアップ がスタート

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. プロジェクター 事務用品 【マラソンでポイント最大43倍】(まとめ)プラス ボードマーカー MARKER-RD レッド【×40セット】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【P3倍+10%OFFクーポン】21年秋冬 アディダス adidas ジュニア サッカー スパイク プレデター フリーク .3 HG/AG J FY6304
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


set-exp-61-182-13-3 【まとめ買い10個セット品】 婦人ボディ本体(ボディのみ) 卓上 腕付き 芯地張 11号 【メーカー直送/代金引換決済不可】【店舗什器 マネキン ディスプレー ボディ 店舗備品】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»