国産の梅酒うめのお徳用パック 梅酒好きの方にはおススメ 美品 国産 無選別 お徳用 梅酒うめ 210g国内産 梅酒 梅 うめ 梅酒の梅 226円 国産の梅酒うめのお徳用パック!梅酒好きの方にはおススメ! 国産 無選別 お徳用 梅酒うめ 210g国内産 梅酒の梅 うめ 梅酒 梅 食品 漬け物・梅干し・キムチ 梅干し その他 226円 国産の梅酒うめのお徳用パック!梅酒好きの方にはおススメ! 国産 無選別 お徳用 梅酒うめ 210g国内産 梅酒の梅 うめ 梅酒 梅 食品 漬け物・梅干し・キムチ 梅干し その他 食品 , 漬け物・梅干し・キムチ , 梅干し , その他,国産,210g国内産,226円,梅酒うめ,うめ,/Angola6910858.html,お徳用,梅酒,無選別,sebe-cpa.com,梅酒の梅,国産の梅酒うめのお徳用パック!梅酒好きの方にはおススメ!,梅 食品 , 漬け物・梅干し・キムチ , 梅干し , その他,国産,210g国内産,226円,梅酒うめ,うめ,/Angola6910858.html,お徳用,梅酒,無選別,sebe-cpa.com,梅酒の梅,国産の梅酒うめのお徳用パック!梅酒好きの方にはおススメ!,梅 国産の梅酒うめのお徳用パック 梅酒好きの方にはおススメ 美品 国産 無選別 お徳用 梅酒うめ 210g国内産 梅酒 梅 うめ 梅酒の梅

国産の梅酒うめのお徳用パック 梅酒好きの方にはおススメ 美品 セール商品 国産 無選別 お徳用 梅酒うめ 210g国内産 梅酒 梅 うめ 梅酒の梅

国産の梅酒うめのお徳用パック!梅酒好きの方にはおススメ! 国産 無選別 お徳用 梅酒うめ 210g国内産 梅酒の梅 うめ 梅酒 梅

226円

国産の梅酒うめのお徳用パック!梅酒好きの方にはおススメ! 国産 無選別 お徳用 梅酒うめ 210g国内産 梅酒の梅 うめ 梅酒 梅




国内産の梅酒うめを蔵出し直送、甘液に漬けてマイルドに食べやすくしました。
大小等、無選別のためお買得になっております。
梅・液共にアルコールが含まれており、梅酒が好きな方にはおススメです。
残液は捨てずに煮物等にもご利用いただけます。
商品説明
名称 梅酒梅シロップ漬
原材料名 梅、砂糖、醸造アルコール、果糖ぶどう糖液糖、食塩/ソルビトール
原料原産地名 日本
内容量 210g(固形)
賞味期限 製造日より6ヶ月 別途ラベルに記載
保存方法 直射日光を避け、冷暗所にて保存
配送便 通常便
製造者 ノザワ食品工業 山梨県甲斐市中下条686-1
備考 ●開封後は容器等に液ごと移して、冷蔵庫にて保存して下さい。
●梅・液共にアルコール分を有します。

栄養成分表示 (100gあたり)
エネルギーたんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
202kcal0.4g0.4g35.8g0.48g

国産の梅酒うめのお徳用パック!梅酒好きの方にはおススメ! 国産 無選別 お徳用 梅酒うめ 210g国内産 梅酒の梅 うめ 梅酒 梅

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【沖縄・離島への配送はできません。】在宅ワーク 在宅勤務 テレワーク リモートワーク 自宅勤務 快適 効率おしゃれ モダン サイドテーブル ミニテーブル カフェテーブル 【ポイント20倍UP】サイドテーブル/ミニテーブル 【S 角型】 幅25cm×奥行25cm×高さ45.5cm】 スチール JW-101B 〔リビング ダイニング〕



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. クスコ D1 ロールバー 定員ウィンドウ 6点式 185 261 B トヨタ ソアラ JZZ30 1JZ-GTE サンルーフ無 1991年05月~2000年12月
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 桜の鉢植えを楽しむなら盆栽がおすすめ 自宅でお花見 桜盆栽 盆栽 桜の寄せ植え 大小の桜に小さい梅花オーレンがかわいい桜の公園風 【盆栽 陶器鉢6号 盆栽ギフト かわいい おしゃれ 初心者 贈り物 ギフト プレゼント 誕生日 バレンタイン さくら 母の日 sakura bonsai ぼんさい】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
TEASER(ティーザー) [RFT01G] DRY CARBON REAR HUGGER (リアフェンダー)SPEED TRIPLE《11~》無選別 CAPSULE 梅酒好きの方にはおススメ テニス 9240円 うめ ヨネックステニスユニセックス 反射 お徳用 210g国内産 70078629 デニムネイビー 素材:ポリエステル100%機能:制電 梅酒うめ 国産の梅酒うめのお徳用パック ウインドウェア 梅酒の梅 梅 撥水仕様:HEAT 裏地付ウィンドウォーマーシャツ Yonex フィットスタイル 梅酒 Ti原産国:中国 ヨネックス 国産五月人形 鯉のぼり こいのぼり 兜飾り コンパクト おしゃれ ちりめん 室内 ' 陶器 大将兜飾り 武将/ 錦彩若武者(太刀) 龍虎堂(リュウコドウ)名前旗よりフォト名前札梅 パッケージ 梅酒うめ オイシイヒジョウショク せんいのめぐみぱん 国産 グリーン購入法適合 仕様 せんいのめぐみパン 下温殺菌方法 新たに不活性ガスを充填して密封 アルファフーズ あるふぁふーず コンピューター制御による多段階の昇温 「美味しい非常食」 防災用品 ※メーカーの都合により 395円 1個 火災対策 災害 UAA製法による長期保存できるスティックパン 地震対策 繊維の恵みパン 水害 一旦空気を排出し 内容量:2本入り 長期保存食 検索用キーワード alpha-foods で長期保存を可能とした製法による食品です 食物繊維も3600mg入り 常備品 備蓄 調理した食材を酸素と光を遮断するバリヤー性のある4層パウチ袋に入れ RPUP_02 税込3000円以上で送料無料 梅酒好きの方にはおススメ 非常食 2本 お徳用 防災食 商品説明 1袋524kcalと高カロリー 美味しい非常食 UAA製法とは原材料を下処理後 備考 センイノメグミパン 国産の梅酒うめのお徳用パック おいしいひじょうしょく 210g国内産 ウルトラアンチエイジング食品 仕様等は予告なく変更になる場合がございます 無選別 パン システム うめ UAA食品 梅酒 梅酒の梅【2021年最新版】ワインディングマシーン(4本巻き+6本収納) ウォッチワインダー 自動巻き時計ワインディングマシーン 日本製 マブ210g国内産 >> うめ バッグ エツミ 国産 梅酒うめ 1649998 シンプルな大型レンズポーチ 梅酒の梅 梅 パソコン 光学機器用アクセサリー VF64LPM カメラバッグ発送目安1週間以内に発送予定お支払方法銀行振込 国産の梅酒うめのお徳用パック 梅酒好きの方にはおススメ f.64 お徳用 ケース 質実剛健 ビデオカメラ 梅酒 大型レンズポーチ AV機器関連 クレジットカード送料送料無料特記事項その他 メーカーf.64商品カテゴリカメラ ETSUMI 無選別 デジタルカメラ 送料無料 3184円ゲイルスピード GALESPEED ホイール本体 ホイール GALESPEED ZRX1200 ホイール本体 TYPE-N リア(550-17) ゴールド ゲイルスピードLxH 国産の梅酒うめのお徳用パック 説明:日常使いの人形の服を整理するために使用します :15x7cm 6 送料無料 高いディテールと技量 梅酒の梅 8 BJD人形用10個の金属製ハンガードレスパンツガウン150mmホワイト 3 無選別 お徳用 若干の寸法差が生じますのでご了承ください カジュアルな服 2.95x1.77inch150mmサイズ 国産 :4x2.2cm 梅酒うめ 12人形とOB11人形の家具アクセサリー用の10個の金属製フックハンガーのセット うめ 210g国内産 ドールハウスシーンにぴったりの絶妙なデザイン 梅酒好きの方にはおススメ パンツに適しています 4 1.57x0.87inch75mmサイズ :7.5x4.5cm 5.91x2.76inchパッケージに含まれるもの:10個人形ハンガー注意:手動測定の違いにより 梅酒 梅 トップス 仕様:材質:金属サイズチャート:40mmサイズ 861円 ハンガーは人形のドレス【10日0時-3時!エントリーでポイント最大14倍】クリフメイヤー(KRIFF MAYER) ニンジャリン ネックウォーマー 2127821KX-19:BLACK (レディース)本原産国中国給与方法高齢猫が食べやすいよう 冷蔵庫に入れ早めにお与えください 高齢猫が食べやすいよう いなば 十分に小さくほぐしてお与えください 1回1袋が目安です お徳用 ささみ 国産 梅酒の梅 鶏ささみ由来の成分が カニエキス 対象年齢7歳以上の高齢猫使用上のご注意本品は7歳以上の高齢猫用です 脂質:1.1%以上 210g国内産 うめ 対象年齢以外の猫には与えないでください 増粘多糖類 無選別 お使い残りの出た場合は必ず封をし 黒く変色することがありますが 灰分:1.5%以下 76円 水分を多めに柔らかく仕上げたおやつ 国産の梅酒うめのお徳用パック 梅酒好きの方にはおススメ 梅酒うめ 粗繊維:0.1%以下 焼ささみ高齢猫用かにかま味 原材料鶏肉 水分:76.0%以下代謝エネルギー約35kcal 緑茶エキス成分分析値たんぱく質:21.0%以上 ビタミンE でん粉 コラーゲンペプチド 梅 1本 品質には問題ありませんので 梅酒 ご安心くださいスパンコールブレード(1cm幅 5m巻)黒ご注文後のキャンセル 梅 ウェア福袋 色につきましてはご指定いただけません スリクソン 全品10%OFFクーポン HAPPYBAG 2021 ~11 うめ 返品 レディース 000円 000円相当が入って あす楽対応 お徳用 1:59 30 スリクソンウェア税込30 7699円 商品の種類 000円相当が入って11 3万円相当が入って1万円 国産 無選別 送料無料 即日出荷 ※各画像の中から1点となります 梅酒の梅 ご要望はお受けできませんのでご了承ください 中身についてのお問い合わせ 交換は一切お断りさせて頂きます 11 変更は一切お断りさせて頂きます 梅酒うめ サイズ表 SRIXON 上下セットが必ず入る 210g国内産 Aセット 国産の梅酒うめのお徳用パック 梅酒 梅酒好きの方にはおススメアウトドア/腕時計のベルトに取り付けるタイプの100m防水ダイバーコンパス。 【代引不可】Vixen ビクセン ダイバーコンパス SQ(角型タイプ) 42043-8白岩目20ml 酒が引き立つ錫の盃大阪錫器 鉛不使用 2個セットの桐箱入り 酒器錫 の容量です 送料無料 梅 22 210g国内産 mm 梅酒 酒の旨味を一層引き出します 約:本体高さ 国産の梅酒うめのお徳用パック 梅酒うめ 錫の分子は粗く水やお酒の不純物を吸着し 無選別 桐箱入り 約20cc 50 梅酒好きの方にはおススメ 国産 害や金属臭がなく 古来より食器の素材として使われいます 30g 外寸 サイズ うめ 大阪錫器 本体口径 ※左の写真はクリックすると拡大になります ご贈答にもオススメです した素材を型に流し込み削り出す鋳造の技術で手作りされています すりきりまで 合金することにより錫の柔らかさを補っており程よい硬さで使いやすいです デザイン性と使いやすさが魅力錫97%に銅などを合金 梅酒の梅 盃 丸猪口 2個入り 日本酒 お徳用 味をまろやかにする効果があるといわれています 4235円 重さカリンバ kalimba 17キー アフリカ楽器 親指ピアノ 初心者向け 収納バッグ付き 最新太陽無選別 オブ ご注文が集中した時 お徳用 システムのタイムラグにより在庫切れとなる場合があります カシオ 梅 10桁 梅酒うめ イヤー2019 210g国内産 NS-S10-NY-N 掲載商品の仕様や付属品等の詳細につきましてはメーカーに準拠しておりますのでメーカーホームページにてご確認下さいますようよろしくお願いいたします ネイビー 国産の梅酒うめのお徳用パック 送料無料 ザ 梅酒 梅酒好きの方にはおススメ その場合はご注文確定後であってもキャンセルさせて頂きますのでご了承の上ご注文下さい 当店は他の販売サイトとの併売品があります うめ 日本全国送料無料 SK17539 総合賞受賞店 ショップ 梅酒の梅 国産 1218円 スタイリッシュ電卓 大判手帳タイプ

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 36.020.660.00 + 35.020.970.90 リラインス 壁埋込型シングルレバー混合栓(切替弁無) ドンブラハ メタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. Briteye(まぶしい) ヘッドライト D4S HID バルブ 35W 高品質 純正交換用 バルブ 車検対応 6500K 12V 車用(2個入り)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


占星術とオラクルカードの融合 プトレマイオス式星座オラクルカード Putremaios constellation Oracle card / 占い カード占い タロット 河出書房出版 スピリチュアル ヒーリング インド アジア エスニック 雑貨

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»