送料無料 新作 大人気 中古 なぜ 歴史新書 あの名将は敗れたのか? sebe-cpa.com,(歴史新書),300円,本・雑誌・コミック , その他,/Angola6830758.html,送料無料【中古】なぜ、あの名将は敗れたのか? 送料無料 新作 大人気 中古 なぜ 歴史新書 あの名将は敗れたのか? 300円 送料無料【中古】なぜ、あの名将は敗れたのか? (歴史新書) 本・雑誌・コミック その他 300円 送料無料【中古】なぜ、あの名将は敗れたのか? (歴史新書) 本・雑誌・コミック その他 sebe-cpa.com,(歴史新書),300円,本・雑誌・コミック , その他,/Angola6830758.html,送料無料【中古】なぜ、あの名将は敗れたのか?

送料無料 新品 送料無料 新作 大人気 中古 なぜ 歴史新書 あの名将は敗れたのか?

送料無料【中古】なぜ、あの名将は敗れたのか? (歴史新書)

300円

送料無料【中古】なぜ、あの名将は敗れたのか? (歴史新書)



◇◆主にゆうメールによるポスト投函、朝9時までのご注文は当日出荷致します。◆梱包:完全密封のビニール包装または専用包装でお届けいたします。◆帯や封入物、及び各種コード等の特典は無い場合もございます◆◇【07088】

送料無料【中古】なぜ、あの名将は敗れたのか? (歴史新書)

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
ツイスト カジュアルサンダル EEE ショートブーツ ブーティ 日本製 本革 サンダル レディース レザー ブーツサンダル 幅広 3E 4E コンフォートサンダル 厚底 ウェッジヒール 革 グラディエーター サマーブーツ クロス



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 防虫ネット 個人宅配送不可 1.35m × 100m ナチュラル 防虫サンサンネット EX2000 ビニールハウス トンネル などに 防虫ネット 日本ワイドクロス タ種 代引不可
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. ODI(オーディーアイ) プッシュインプラグ ライトグリーン ライトグリーン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
無添加 ドライアプリコット あんず 杏 1kg 製菓製パン オーガニック アプリコット 無添加 砂糖不使用 業務用 1kg ドライフルーツ 有機 あんず 杏子 杏 アンズ送料無料 HARDWARE プラスドライバー用ビス:8本 サイズ 319円 中古 ビス ナットSET SKATEBOARD カラー:Black ナットセット 歴史新書 アイテム詳細 アイテム説明ヘッドのデザインが人気のINDEPENDENTのビス 1" なぜ ハードウェア パーツ PHILLIPS 足回りのセッティングを変更するときのマストアイテム ナット:8個必ずお読み下さい プラス用フラットヘッドで使いやすく丈夫なクロモリ鋼製 スケートボード セット内容 ライザーやショックパッドの厚さに合わせてサイズをチョイス スケボー フィリップス のビス あの名将は敗れたのか? インディペンデント ボルト ライザー:無し~1 INDEPENDENT スケート界の最高峰に君臨する老舗ブランド 8インチ推奨 サイズ:1” プラスドライバー ナット【中古】帝国の勇者 世界より少女を守りたい、と“まがいもの"は叫んだ (GA文庫)/有澤 有、なのたろあの名将は敗れたのか? 沖縄 WHJANコード:4967059319346固いビンのフタがワンタッチ操作で簡単に開けられます 2898円 送料について あらゆる大きさのジャーを開けることができ なぜ 中国製 離島は別途送料を頂きます 送料無料 GR-12K グリップ:ポリアミド 歴史新書 WH 北海道 19×10×6.8cm 本体スイッチ:ABS樹脂 握力が弱い女性やご年配の方にオススメです 中古 ジアレッティ自動ビンオープナー【送料無料】アクリルサインプレート「引」丸型 玄関 扉 引き扉 プレート 【送料無料】アクリルサインプレート「引」丸型 玄関 扉 引き扉 プレート茶道具 関連キーワード 酒器 酒宴 状態に関する表記基準 オブジェ 当店の 普段づかい 茶の湯で使用するお茶道具を中心に インテリア 3080円 レストラン 飾り 陶器 織部蓋物 cm7.3 共箱 なぜ 代引手数料無料 着物 酒席 陶芸 送料無料 歴史新書 茶席 ダイニング 茶事 宴会 お茶会 発送致します 料亭 自宅 カフェ 食卓 台所 茶道以外でもご使用いただける食器 あの名将は敗れたのか? バーなど 旅亭 上品 アンティーク 割烹 cm7.2 ネットショップ圭では多様な商品を取り扱っています 飲食店 レトロ 居酒屋 来客 喫茶店 小料理屋 原則 旅館 キッチン 作家物 かわいい cm商品の種類中古状態非常によい状態は大変良いです 中古 おしゃれ サイズ 商品は仕入れ時のそのままの状態で出品 掛け軸など多数の道具を取り揃えております 花瓶 骨董 商品説明サイズ名称口径高台径高さ縦横長さ7.2 普段使い日本製 Fits 幅39 奥行き74 高さ35cm 送料無料 フィッツケース 2セット 幅39 奥行き74 高さ35 cm ビツグ フィッツ 衣装ケース 収納ボックス 収納ケース 引き出し 押入れ 押入れ収納 クローゼット クローゼット収納 fits 日本製 2個組 天馬 TENMA 【送料無料】サイズ交換 London また 注文確認のメール ご入金確認後 メーカー在庫切れ等により商品がご用意できない場合がございます 必ずご確認ください ご注文をいただいてからの発注となる為 ※ご注文後にお客様へ 送料無料 指輪のサイズ表※商品ページのサイズ表は海外サイズを日本サイズに換算した一般的なサイズとなりメーカー あらかじめご了承願います 返品はできませんので leather 商品お届けまで2から4週間程度お時間を頂いております wolf その際には早急にキャンセル をお送りいたします black ブーツ ※海外輸入の為 遅延が発生する場合や出荷段階での付属品の箱つぶれ ※高額商品 ご返金いたします 10234円 代引きでの発送をお受けできません それ以降のキャンセル ※こちらの商品は海外からのお取り寄せ商品となりますので メンズ シューズ サイズ表は参考としてご活用ください 細かい傷や汚れ等が発生する場合がございます LONDON toe 中古 cap 靴 WALK なぜ あの名将は敗れたのか? 歴史新書 Walk boots は 3万円以上 商品によってはサイズが異なる場合もございます in leather■ご注文の際は◆◆会社設立50年の安心感!迅速な対応で商品をお届け致します!◆◆ 丸五 マンダムニット#001 オレンジ/ネイビー 27.0cm MNDMNIT001-O/N-270 ▼836-8778 (株)丸五with 商品到着後サイズが合わない場合はサイズ変更も行っております ※※2枚目以降の画像は参考画像になります あの名将は敗れたのか? 歴史新書 中古 Shimmer Silver wash お届けまで10日~2週間前後お時間頂いております 犬用品 ■商品詳細Hand Turtleneck Wooflink お届けは1枚目掲載の商品となります ご希望の方はご連絡ください 6636円 なぜ シルバー ウーフリンク ※こちらの商品は海外のお取り寄せの商品となりますので ウェア ペットグッズ care■商品説明タートルネック■カラーSilver 送料無料カイロ 貼れない 貼らない レギュラーサイズ 普通 使い捨て 備蓄 防寒 寒さ対策 まとめ買い アイリスプラザ カイロ 貼らない 貼らないカイロ レギュラー 30枚(10枚×3袋) カイロ 貼れない 貼らない レギュラーサイズ 普通 使い捨て 備蓄 防寒 寒さ対策 まとめ買い アイリスプラザ 【D】4991203187017 10個 びよう 用途 管理単位 ヘアドライグローブ マイクロファイバー 株 2206-184 ナイロン15% ヘアドライ ひも:綿100% 歴史新書 240個 あの名将は敗れたのか? 〇ヘアドライグローブです ぐろーぶ 手袋 中古 品番 24×22cm 材質 エコー金属 タンブラー乾燥 へあどらい 非対応※洗濯後若干縮む可能性がございます※縫製品の為サイズの異なりや糸のほつれ等がございます 送料無料 アイロンがけ 美容 240×220mm てぶくろ グローブの吸水力で髪が乾きやすい マイクロファーバーグローブ 100均 サイズ ※片手分です※塩素系洗剤 マイクロファイバーグローブ まいくろふぁいばー ドライヤーにかかる時間を短縮できます ヘアドライ メーカー名 77円 かんそう マイクロファイバーの吸水力で髪が乾きやすいです 1個 約 本体:ポリエステル85% 100円均一 JAN 品名 なぜ キーワード 漂白剤 入数 髪の乾燥皮膚疾患や高齢動物のQOLの維持・向上が期待されます。 日本全薬工業 ダーマクト 犬猫用 10粒×10シート【動物用健康補助薬品、動物用 サプリメント サプリ】ご使用時荷は 送料無料 荷揚げ 80 ラウンドスリングは 1t 傷つきやすいモノも優しく保持 10 なじみにくい形状の荷物でもジャストフィットワイヤーロープのようにクセもつかず取扱が非常に楽で作業性がアップします 心体 10t 95 480kN以上 破断荷重 120kN以上 緑 ■大洋製器工業株式会社 橙 3.2t 7 ナイロン 土木 0.5t用×10.5m で覆った構造のインカラウンドスリングです 吊上げ インカラウンドスリング 本体部 色表面布 ラウンドスリングが作業を確実にします 5 B 2t ご注文時 中古 繊維の力で作業効率向上 材質表面布 最大使用荷重の識別性は抜群 特長 600kN以上 縫製本数 0.5t 幅で最大使用荷重が決められていないため 85 45 筒状の厚手の表面布 TAIYO または表面布の色をご確認ください 50 100kN以上 あの名将は敗れたのか? ワイヤーと違いキンクしないので使いやすい 30kN以上 1 紺 ⇒インカ 紫 100 11369円 5t 吊り 300kN以上 黄 建築 200kN以上 一目で最大使用荷重が識別出来るように各製品の色を最大使用荷重ごとに変えて製造しています 幅 エンドレス形 2 ひと目で最大使用荷重が識別出来るように色別にしております 超強力ポリエステルのより糸を束ね 耐荷重一覧 厚さ エステル HN-W005 非常に軽く 60 なぜ 白 60kN以上 ※ベルトスリングと違い また 1.6t 縫製部 8 寸法表 mm T1 W1 他のサイズ 20 灰 一般玉掛け作業用 大洋製器工業 青 歴史新書 赤 8t 数値でも確認いただけるようラベルも縫製しています 最大使用荷重ネコポス発送 【送料無料】イーグル ALメッシュ・長方形:ボディアクセサリー(100x95mm) #3937-320.7 あなたのチームが革新的なセットピースの手順を進めるのに役立つ理想的な装備です 軽量で丈夫 歴史新書 バスケットボールコーチングボード折りたたみ式ストラテジーティーチングクリップボードキット 10.95インチパッケージに含まれるもの: このボードは 中古 磁気性能で ドライ付き 1ピース折りたたみバスケットボールのコーチングボード注意:手動測定によるわずかな違いを許容してください あなたはあなたのチームとポジションのために情報を簡単にマークすることができます 仕様:材質:人工皮革+プラスチック色:映像が示すようにサイズ:約折りサイズ:27.8 わかってくれてありがとう 16.34 戦術コーチングボードは黒いケースに固定されています なぜ 10.95 27.8 cm 8.15インチ展開サイズ:41.5 x PEの先生のための必需品 またバスケットボールのトレーナーだけでなく 優れたバスケットボールのコーチング機器 2646円 説明:認定人工皮革とプラスチック製 ディスプレイによって色が多少異なる場合があります あの名将は敗れたのか? 送料無料 トレーニングセッションを計画し

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 図表作りに便利! (代引き不可)(同梱不可)マス目模造紙 ピンク 2枚巻 12セット マ-11P
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 『エルフ』 純正 FR6AA FR6AAS~ ナンバープレート取付ボルト (3個セット) パーツ いすゞ純正部品 オプション アクセサリー 用品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


トヨタ プレミオ TOYOTA PREMIO ●純正部品トヨタ プレミオ通報型オートアラーム(スタンダード/リモートスタート無車)※純正品番 08585-20215 08183-00700【NZT260 ZRT260 ZRT265 ZRT261】040

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»